ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

Father Bear Comes Home

Father Bear Comes Home (I Can Read Book 1)Father Bear Comes Home (I Can Read Book 1)
(1978/10/25)
Else Holmelund Minarik

商品詳細を見る

とゆーわけで続編です。

Little Bearのお父さんは漁師です。
長く海に出て漁師をしていましたが、
久しぶりに帰ってきました。
Little Bearはお父さんが
人魚を連れ帰ってくれるのを夢見てますが・・・。

「Little Bear」同様、Little Bearの
ちょっとお間抜けな可愛さにあふれています。

特に好きなのは2話目かな。
久しぶりにお父さんが帰ってくることになったLittle Bear。
彼は友達に「お父さんが航海から帰って来るの。
多分人魚を連れて帰ってくるよ」と言いますが・・・。

最初は「多分」だったはずなのに、
どんどん友達が本気にして、
話が大きくなってしまう様子がおかしいです。

「Little Bear」でもそうでしたが、
このシリーズは繰り返しの表現が良く使われています。
何度も出て来るうちに思わず一緒に口ずさみたくなる。
そんなところがまた楽しいですね。

この本を楽天で探す
Father Bear Comes Home[洋書]

▽ブログランキング参加中。ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。