ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

幻惑の死と使途

幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC (講談社文庫)幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC (講談社文庫)
(2000/11)
森 博嗣

商品詳細を見る

「諸君が私の名を呼べば、
どんな密室からも抜け出してみせよう」
いかなる状況からも奇跡の脱出を果たす
天才奇術師・有里匠幻が
衆人環境のショーの最中に殺された。
しかも遺体は、霊柩車から消失。
これは匠幻最後の脱出か?
幾重にも重なる謎に
犀川助教授と西之園萌絵が挑む。

これは「夏のレプリカ」と
同時期に起きたもう一つの事件です。
別に逆になっても問題なく読めますが、
順序としてはやはりこちらが先でしょうね。

「夏のレプリカ」が影ならば、
この作品はまさしく光。
銀の衣装で登場する匠幻。
そして死の時の深紅の衣装。
ラストを飾る萌絵ちゃんの紺のロングドレス・・・。
全てが鮮やか。
その一言につきます。

犯人の予測は誰も想像がつかないでしょう。
て言うか、ちょっとアンフェア?
でも、謎解きのシーンは「おお~」と思いました。

完璧な不可能状況での犯罪、
そして不可能な遺体消失など、
とにかく謎が派手なので、
ミステリとしては読み応えがあります。
そんな中に絡む、
犀川先生と萌絵ちゃんのやりとりが楽しいです。
「夏のレプリカ」では曖昧な感じでしたが、
この二人は本当に婚約したそうですよ!
皆さんご安心を(笑)

ちなみに、
冒頭で萌絵ちゃんと蓑沢杜萌が
盤なしでチェスをするシーンがあるのですが、
これがたまらなくかっこいい。
私には一生まねできないけど(笑)

この本を楽天で探す
幻惑の死と使途

▽ブログランキング参加中。ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。