ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

うそうそ

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)うそうそ (新潮文庫 は 37-5)
(2008/11/27)
畠中 恵

商品詳細を見る

若だんな、生まれて初めて旅に出る!
相変わらずひ弱で、
怪我まで負った若だんなを、
両親は箱根に湯治にやることに。

ところが道中、
頼りの手代たちとはぐれた上に、
宿では侍たちにさらわれて、
山では天狗に襲撃される災難続き。
しかも箱根の山神の怒りが
原因らしい奇妙な地震も多発。

若だんなたちは無事に帰れるの?
しゃばけシリーズ第5弾。

と言うわけで、
5巻は久々の長編で~す(ぱちぱち)

今回も面白かったです。
ミステリ要素は少ないですが、
普段離れに閉じこもっている
若だんなには珍しい、
アドベンチャーものです。

まず、旅支度のシーンからして楽しい。
箱根に行くとなったら、
妖怪たちも皆ついて行きたがっちゃって、
鳴家(やなり)たちは大喧嘩。
鈴彦姫は本体の鈴を荷物に紛れこまそうとするし、
猫又のおしろは勝手に荷物に入っちゃうし(笑)

そんなシーンもほほえましくて楽しいのですが、
大騒ぎした割には
鳴家ぐらいしか妖怪が出てきません。
その辺がちょっと不満(笑)

後半になるにしたがって、
シリアス要素が強くなって来るのですが、
そんな中での若だんなの台詞が
ちょっと間が抜けていて心地よい。

タイトルの「うそうそ」とは
「たずねまわるさま、きょろきょろ、うろうろ」
と言う意味だそうです。
その名の通り、
本書では色々な人の迷いが描かれています。

ひ弱な身体を不安がる若だんな。
両親に受け入れられなかった過去を持つ松之助。
姫神なのにその力を発揮できないお比女。

皆うそうそとさまよっている。
そして、そんな彼らが愛おしくて、
思わず抱きしめてあげたくなる。
「うそうそ」はそんな一冊です。

この本を楽天で探す
うそうそ

▽ブログランキング参加中。ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。