ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

おまけのこ

おまけのこ (新潮文庫)おまけのこ (新潮文庫)
(2007/11)
畠中 恵

商品詳細を見る

鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、
滑稽なまでの厚化粧をやめられない
微妙な娘心を描く「畳紙」、
鳴家(やなり)の冒険が愛らしい「おまけのこ」
など、全五編を収録。
しゃばけシリーズ第4弾、
ますます味わい深くなって登場。

と言うわけで、
本当にどの話も味わい深く、
捨てがたいものばかりです。
と言うわけで、各話に一言感想文を。

「こわい」
狐者異(こわい)と言う妖怪の話です。
生まれながらにして妄執の固まりであり、
その存在自体が不幸を呼んでしまう彼は、
仏からも妖怪からも嫌われてしまい、
誰もその存在を受け止める事はできません。
それでも、そんな彼に何かをせずにはいられない、
若だんなの姿が胸に迫ります。
すごく考えさせられる話です。

「畳紙」
またの名を「若だんな、簀巻きにされるの巻」(笑)
またも寝込んだ若だんな、
今度は仁吉に布団ごとしばりあげられてしまいます。
この若だんな、
何か巻を追うごとに虚弱さがパワーアップしてませんか(笑)?

「花かんざし」で登場した、
厚化粧のお雛さんの話です。
左官の漆喰仕事とまで言われてしまうお雛さん。
彼女は化粧についてこのままで良いのかと悩み、
ひょんな事で現れた屏風のぞきに胸のうちを語ります。
屏風のぞき、結構良いとこあるじゃん(笑)

でも、お雛さんの気持ちって、
化粧をする女性なら、誰でもわかるんじゃないかしら。
素顔をさらすのを恐れ、
コンシーラーを厚く塗り立てたり、
マスカラをびっしり塗ったりするのと、
似てるんじゃないかな~。
ラストがじーんときます。

「動く影」
幼い日の若だんなの話です。
身体が弱いながら、
一生懸命皆の役に立とうとする若だんな、
とってもいじらしくて可愛いです。

「ありんすこく」
本書の中で一番笑える話と言えば、これでしょう(笑)
わけあって吉原から身体の弱い禿を一人
足抜けさせることになった若だんなたち。
あの手この手で作戦を練ります。

もうこの話は最高です。
どたんばで突拍子もない事を思いつく手代コンビ。
相変わらず肝心なところでぶっ倒れる若だんな(笑)
どれをとっても最高です。
ラストはもう抱腹絶倒でしょう(笑)

「おまけのこ」
長崎屋に持ち込まれた真珠を
泥棒から守ろうとした鳴家が一匹、
外に放り投げられてしまいます。
彼は無事に家に帰りつけるのか?

鳴家が何とも言えず可愛いです~。
きゅわきゅわ。
良いなあ。うちにも一匹欲しいな~。

そんなこんなで、今回も楽しませてもらいました。
次の「うそうそ」の文庫版は
いよいよ明日発売ですね。
楽しみ~♪

この本を楽天で探す
おまけのこ

▽ブログランキング参加中。ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。