FC2ブログ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ねこのばば

ねこのばば (新潮文庫)ねこのばば (新潮文庫)
(2006/11)
畠中 恵

商品詳細を見る

ぷっは~。読み終わりました!

長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ご飯。
いつも寝込んでばかりのぼっちゃんが、
えっ、今日はお代わり食べるって?(「茶巾たまご」)、
世の中には取り返せないものがある(「ねこのばば」)、
コワモテ佐助の真実の心(「産土(うぶすな」)他全五編。
若だんなの病弱っぷりも、
手代二人の過保護っぷりもパワーアップ!
しゃばけシリーズ第3弾。

や~面白かったのなんの!

「茶巾たまご」では
急に元気になっちゃった若だんなに
逆に手代二人が大騒ぎ(笑)。

「花かんざし」だって、
厚化粧のお雛が良い味出してるし、
「ねこのばば」では
「しゃばけ」で若だんなから
二十五両ふんだくった(笑)寛朝が登場。

「産土」はホラー色が強いですが、
ラストが超どんでん返しで、
読むとひっくり返ります。
佐助・・・。お前も苦労人だなあ(しみじみ)

最後の「たまやたまや」なんて、
病み上がりの若だんなが
またも寝床を抜け出して、
幼なじみの栄吉の妹お春の
縁談のお相手・庄蔵の身辺調査をしていたら、
なんと庄蔵と共に
謎の武家集団に拉致されちゃう話なんだけど、
最後が傑作(笑)
武家集団にやられちゃう事よりも、
「このままじゃ佐助と仁吉が来ちゃうよう
(で、もちろん怒られる)」と
びくびくしている若だんなが笑えます。

そんなこんなで、今回も楽しませてもらいました。
しゃばけはTim兄ちゃんで
疲れた頭にぴったりなのです(笑)
次の「おまけのこ」も読もうっと。

この本を楽天で探す
ねこのばば

▽ブログランキング参加中。ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。