ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

Public Enemy Number Two

Public Enemy Number Two (Diamond Brothers, The)Public Enemy Number Two (Diamond Brothers, The)
(2004/07/08)
Anthony Horowitz

商品詳細を見る

Tim兄ちゃんの2巻、やっと読み終わりました~。

ある日、警察官であるSnapeとBoyleが
Nickの元を訪れた。
彼らはPublic Enemy Numbor Oneと呼ばれる
泥棒で少年ギャングであるJohnniy Powersから
盗んだものの売り渡し先である
ボスthe Fenceの正体を暴くため、
なんとNickにJohnnyが服役している
少年院に入るよう依頼してきたのだ。

いったんは断ったNickだが、
その後本当に宝石泥棒として捕まってしまう。

無実を証明するには、
Johnnyからthe Fenceの正体を聞き出すしかない。
はたしてNickの運命は!?

ふわ~。長かったです~。
が、面白かったです。

4巻以降の短編では
TimとNickのドタバタぶりが
クローズアップされてますが、
この話ではとにかくすごい。

冒頭のシーンから飛ばしてますが、
特にNickは投獄されるは、
脱獄するは、
警官とのカーチェイス、
Johnnyの調査と、大忙し。
この巻では完全にNickが主役です。

全体的にも、
児童書なのに爆破は起こるは、
銃撃戦は起こるは、
ものすごいことになってます。

・・・多分(^_^;)

えー多分って言うのは、
全体の8割を占めるアクションシーンが
とにかく難しくって、
ほとんど置いてかれてたからです(笑)

特にNickが宝石泥棒にされてしまうシーンと
脱獄のシーンは難しく、
パンダ読みとキリン読みを混ぜながら
なんとかやりすごしてました。

そんなこんなで、
せっかくのTim兄ちゃんのボケが
いまいち良くわからなかったのか、
あんまり笑えるシーンがなかった。

しかし、それを差し引いても、
後半は息をつかせぬスリリングな展開。
しかも最後の最後で
「え~!そんな!」って展開で、
一気に読んでしまいました。

色々わからないところもありましたが、
私の中では過去最長のお話(44000語)を
読破できた喜びにひたっております。
面白かった~!

この本を楽天で探す
Public Enemy Number Two[洋書]

▽ブログランキング参加中。ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

読了おめでと~

おめでとーー!!
なんとか読み終えたのねー。
てっきり途中で投げたのかと思ってました(笑)
私はもう少し寝かせておく予定・・・。
Tim兄は難しいっ。

No title

>ともちゃさん
ありがと~!(^o^)
今までで最長のお話だったので、
読み終えた喜びもひとしおですっ!

Tim兄ちゃん難しいですよね~。
続けて「South By Southeast」を読んでますが、
早くも序盤で少々迷子・・・。
でも、オレンジさん曰く
「ペーパーバックの最初50ページぐらいは
背景がわからなくても気にしなくて大丈夫」
とのことなので(児童書にあてはまるか不明ですが(笑))、
めげずに読んでみようと思います。

お互いHappy Reading☆

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。