ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

しゃばけ

しゃばけ (新潮文庫)しゃばけ (新潮文庫)
(2004/03)
畠中 恵

商品詳細を見る

このところ多読が不調なので、
思い切って和書に切り替えてみました。
まずは話題の「しゃばけ」を。

江戸有数の回船問屋・長崎屋の
一粒種・一太郎は、
めっぽう身体が弱く、外出もままならない。
しかし、いつも彼の世話を焼く
二人の手代を始め、
彼の周囲はなぜか妖怪だらけ。

そんなある日、
目を盗んで出かけた夜に人殺しに遭遇。
以来猟奇的殺人事件が続き、
一太郎は家族同様の妖怪と
解決に乗り出す事に。

その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う。
はたして、一太郎は無事事件を解決できるのか?

いや~面白かったので、
ぺろっと読んじゃいました。

とにかくね、この若だんな・一太郎が
笑っちゃうくらい身体が弱いの。
ちょっと風にあたれば熱を出し、
強盗に遭えば転んだひょうしに背中を打って
熱を出して死にかける、と言う有様。

そんな若だんなを守る妖怪たちのリーダー、
犬神と白沢は、
それぞれ佐助と仁吉と名を変えて、
手代として働いているんだけど、
この二人も超がつく過保護。
若だんながくしゃみをしただけで、
仁吉が布団を敷きにやってくる、と言う始末。

でもね~。
若だんな、良い子なんですよ~。
これだけ親に甘やかされてもぐれてないのは、
一年のほとんどを
病で臥せって過ごしてるからでしょうね。

佐助、仁吉以外の妖怪たちも、
美童に化ける獺や、
小鬼の姿をした鳴家(やなり)など、
バラエティーに富んでいて、
読む者を飽きさせません。

ストーリーも、
ファンタジーでありながら
ちゃんとミステリになっていて、
後半の謎解きとか良くできてました。
私なんか、最後の方までさっぱりわからなかったもの。
(でもね、最初に殺された大工さんの
盗まれた大工道具はどれかわかったもんね♪)

若だんなの出生の秘密とか、
結構後々ネタバレになる事がからんでるので、
このシリーズを読もうと思ったら、
まずは「しゃばけ」を読みましょうね。

そんなわけで、
しばらくは多読は休憩して、
しゃばけシリーズ読破しようかな~なんて考えてます。
面白かった~。

この本を楽天で探す
しゃばけ

▽ブログランキング参加中。ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。