ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

Lost Treasure of the Emerald Eye

Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)
(2004/02)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

しばらく殺伐としたものばかり読んでいたら、
むしょ~にたわいもないストーリーの
カラフルな本が読みたくなったので(笑)

ネズミ国の新聞社に勤めるGeronimoが
妹のThea、従兄弟のTrap、
甥のBenjaminと様々な冒険をするシリーズ。

新聞社に勤めるGeronimo Stiltonは
本業の傍ら冒険談も執筆するインテリネズミ。
ある日、妹のTheaが、
「宝の地図を見つけた!」と言い出した。

言い出したら止まらないTheaに半ば引きずられ、
GeronimoはTheaと従兄弟のTrap、
いつの間にか船に入り込んでいた
甥のBenjaminと共に、航海に出発する。

船から落ちたり、食あたりにあったり、
長~い航海の末、ようやく島にたどり着いた。
ところがここからがまた問題。
エメラルドは一体どこに?

や~面白かったです~。

まず、これイラストが可愛い。
そんでもってフォントも可愛い。
叫んでる文字は大きくなっていたり、
yellowは黄色い文字に、
whiskerに至っては、
ほんとにひげが生えてたりします(笑)
カラーでお見せできないのが残念!
センスが良いな~と思ったら、
イタリア生まれなんですね。この本。

とにかくこれはストーリーそのものよりも、
ネズミ国の描写が楽しい。
ネズミ国だから、ごちそうはもちろんチーズ。
好きなカラーは黄色。
感嘆詞にまでcheeseが登場します。

時々有名人も登場しますが、
クリストファー・コロンブスが
Christopher Columouseになってたり、
みんなネズミになってしまいます。
そんなパロディの元ネタ探しも楽しいですね。

ストーリーの方は、
GeronimoがTrapとTheaに
振り回されてるのが何ともおかしい。
GerikinだのGeronimistorだの
好き放題呼ばれては、
「My name is geronimo!」と
言い返すシーンはギャグの天丼みたい(笑)

英語の方は結構手強いです。
て言うのも、私にはどれだかわからなかったですが、
造語がいくつか出て来てるようです。
なので、YL4がらくらく読めるようになってから
手を出すのがおすすめ。
あまり肩肘はらずに気楽に読みましょ~。

この本を楽天で探す
Lost Treasure of the Emerald Eye

▽ブログランキング参加中。ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。