ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

「心星ひとつ―みをつくし料理帖6―」高田都

心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)
(2011/08/10)
高田 郁

商品詳細を見る

酷暑を過ぎた葉月のある午後、
翁屋の楼主伝右衛門がつる家を訪れた。

伝右衛門の口から語られたのは、
手を貸すので吉原にて
天満一兆庵を再建しないか、との話だった。

一方、登龍楼の采女宗馬からも、
神田須田町の登龍楼を、居抜きで売るので
つる家として移って来ないか、
との話が届いていた。

登龍楼で奉公をしている、ふきの弟健坊も
その店に移して構わないとの事に、
それぞれが思い揺れていた。

つる家の料理人として岐路に立たされた澪は、
決断を迫られる事に―――
(第二話「天つ瑞風」より)。

野江との再会、小松原との恋の行方は!?

みをつくし料理帖」シリーズ史上
もっとも大きな転機となる、待望の第六弾!!

引越しのドタバタのせいなのか、
最近なかなか落ち着いて読書ができないので、
みをつくしを一気読みすることにしました(^^;

今回は坂村堂さんのお父さんも登場し、
野江ちゃんとのつかの間の再会、
さらには

「決して結ばれることはない」

とあきらめていた、
澪ちゃんの想い人・小松原との、
思いがけない恋の転機、と、
まさしく「大きな転機となる巻」でした。

それにしても、野江ちゃんとの再会は、
毎回映画のように幻想的で、
読んでいてうっとりしてしまいます。

「高麗淡路屋のこいさん(末娘)」でありながら、
水害で両親を亡くし、
さらには女衒に騙されて吉原に売られた野江の境遇は、
澪に負けず劣らず苦難に満ちたものだったでしょう。

それでも、

「自分の人生を諦めへんと決めたんや」

と覚悟を決めて言い切る野江は、
同じ女性として見ても惚れ惚れするほどかっこいい。

そして5巻で登場した
小松原さまの妹・早帆さまも再登場。

幸せそうな妊婦姿が印象的だったので、
その後彼女に起こったことはショックでしたが、
それでも相変わらずの料理下手と、
天真爛漫なお人柄が楽しい。

「岩石のような掻き揚げ」
「軽石のような湯豆腐」
「えぐいばかりの里芋の煮物」

と、聞いただけでもそのすさまじさがわかります(笑)

「私の料理を食べたくない、と侍女が泣いて実家に帰る」

ってどれほどなんだ( ̄▽ ̄;)

旦那さまの弥三郎氏の偉大さが伺えます(笑)

第三話「時ならぬ花」では、
またもつる家が

「日中の火の扱いを禁じられる」

という大ピンチに陥りますが、
そんな逆境で

「冷めても美味しい料理を―――」

と考える澪ちゃんは凄いですね。

巻を追うごとに
アイデアにキレが増していると思います^^

最後は小松原さまとの仲にも
大きな転機が訪れますが、
そこでめでたしめでたし、
といかなさそうなのがなんとも辛い(>_<)

次の巻は手に取るのが辛い巻になりそうですが、
それでも続きが気になるので読んでしまいました(^^;

ところで、戯作者の清右衛門先生は、
りうさんの話す戯作の内容によると、
「八犬伝」の作者・滝澤馬琴氏を
モデルにしているみたいですね^^

もっとも、滝澤馬琴氏が
こんなにイヤミなグルメだったかは
定かではありませんが(笑)

関連記事

タグ : 高田都 みをつくし料理帖


人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。