ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

「The Mystery of the Missing Money」(The Mystery Series, Short Story #1)P.Moxham

The Mystery of the Missing Money (The Mystery Series, Short Story 1)The Mystery of the Missing Money (The Mystery Series, Short Story 1)
(2012/11/01)
Paul Moxham

商品詳細を見る

YL3.5 7000語

Kindleで無料ゲットした本、当たりでした!

海辺ののどかな村Smugglers Cove。

12歳のJoeは、
両親と二人の妹・AmyとSarahとともに、
夏休みを過ごしていた。

その少し前に起きた事件で知り合った
地元の少年Willから、
3人は興味深い話を聞く。

2年前、双子のDobson兄弟・OswaldとDannyが
銀行強盗をし、大金を盗み出したと言うのだ。

2人は1週間後に捕まったが、
盗んだ金は見つからなかった。

2人が使ってしまったのでは?
という声もあったが、
Will含め何人かは
地元の古城・Bracknesh Castleに
隠したのではないか、と考えていた。

好奇心に駆られた
Joe、Amy、Sarah、Willの4人は、
早速Bracknesh Castleを探検するが、
中で犯人と鉢合わせしてしまう―――。

1950年代のイギリスを舞台に、
4人の子どもたちが活躍するシリーズです。

「A to Z Mysteries」みたいな感じかな?
と思っていたら、かなりハラハラな展開で、
手に汗握る展開もあり、
短いながらもスリリングで楽しめました^^

一応このお話は
「The Mystery of Smugglers Cove」に
続く物語のようです↓。



「The Mystery of the Missing Money」が
紙本の長さで推定22ページであるのに対して、
「The Mystery of Smugglers Cove」は
紙本なら182ページとなっていますから、
かなり長編ですね。

この本でも
前回の事件の話が何回か出てきますが、
犯人と対決した上
ボートでフランスまで行ってしまった(らしい)など、
小学生ぐらいの設定ながら、
かなりスペクタクルな冒険をしたようです(笑)

もちろん、
前作を読んでいなくても充分楽しめます(^^)v

YLは3.5ぐらいかな?
スラングも少なく、読みやすいと思います。

挿絵がないので、
挿絵なしの本への準備運動としてもいいかも。

あと、チャプターがないのもあり、
物語の波に乗り始めたら
一気に読んでしまうのがコツだと思う(^^;

私は今回、
コージーミステリと段違い並行読みしようとしたら、
途中から上手く波に乗れなくなってしまった( ̄▽ ̄;)

また時間を置いて、
一気に再読してみたいと思います。

4人の他の冒険も読んでみたい!

↓Kindle版のみ。今なら0円です!



※金額は予期せず変更されることがあるので、
 ポチる前にご確認ください(^^;

関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。