ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

「小夜しぐれ―みをつくし料理帖5-」高田都

小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
(2011/03/15)
高田 郁

商品詳細を見る

季節が春から夏へと
移ろい始める卯月のある日、
日本橋伊勢屋の美緒がつる家を訪れ、
澪の顔を見るなり泣き始めた。

美緒の話によると、
伊勢屋の主・九兵衛が
美緒に婿を取らせるために
縁談を進めているというのだ。

それは、美緒が恋心を寄せる医師、
源斉との縁談ではないらしい。

果たして、美緒の縁談の相手とは!?
―――(第三話『小夜しぐれ』)。

表題作の他、
つる家の主・種市と
亡き娘おつるの過去が明かされる『迷い蟹』、
吉原の花見の宴用の料理作りを頼まれる『夢宵桜』、
澪が思いを寄せる小松原が
菓子作りに奮闘する『嘉祥』の全四話を収録。

Alex Riderを読み終えた後、
やっぱり正味2日で読み終えてしまいました(^^;

今回も、また盛りだくさんの一冊でした!

つる家の店主・種市さんの
娘・おつるの身に何が起こったのかは、
私もずーっと気になっていましたが、
まさかそんな悲しい結末だったとは・・・。

第一話から、
怒りと悲しみにさいなまれる種市さんの姿に、
読んでいるこっちも悲しくなりましたが、
切ないながらも救いのあるラストで安心しました。

で、澪ちゃんがこの話で作る、
「浅利のお神酒蒸し」がまた美味しそう!

レシピを見る限り、
「和風ボンゴレビアンコ」って感じでしょうか^^

パスタにも合いそうだなぁ~♪
作り方も比較的簡単そうだし、
今度作ってみようかな。

他には、ちらりと登場する
「あさひ太夫」こと野江ちゃんの
かっこよさに惚れてしまった・・・(〃∇〃)

またも映画のように鮮やかな登場だったけど、
あれは映像化するのは難しいだろうな~。

そして、澪ちゃん自身が

「決して結ばれることはない」

とあきらめていた、
恋の相手・小松原さまとの仲も、
なにやら予想外の展開になりそうで・・・!?

美緒(←澪ではない(笑))の
恋の行方も意外でしたが、
二人の「みお」の今後も
見逃せない展開になりそうです(^^;

続けて6巻も手に取りたいけど、
その間全く
英語が手につかなくなってしまうので休憩(笑)

関連記事

タグ : 高田都 みをつくし料理帖


人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。