ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

「Eagle Strike」( Alex Rider #4 ) A.Horowitz

Eagle Strike (Horowitz)Eagle Strike (Horowitz)
(2012/04/24)
Anthony Horowitz

商品詳細を見る

YL 5.5-6.5 64,969語

Alex Rider4巻です^^

ガールフレンドのSabinaと
南フランスにバカンスに来ていたAlex。

しかし、そこで宿敵Yassenを見かけたことから、
大きな事件に巻き込まれることになる。

初めて周りの人が危険に巻き込まれ、
怒りに燃えるAlex。

しかし、Alexが犯人の黒幕として目をつけた人物は、
世界的ポップスターDamian Crayだった。

Damian Crayは世界的著名人である上、
チャリティーも盛んに行う人格者として知られている。

誰にも自分の主張を信じてもらえず、
Alexの単独捜査が始まった・・・。

話には聞いていたのですが、
この4巻はかなりストーリーが辛いです。

特にMI6のオフィスに行く直前のシーンは
一番読んでいて辛かった・・・。

大切な人にも信じてもらえないって辛い。

3巻の時点で、
SabinaはAlexの正体を
知っていたと思っていたのですが、
信じたわけではなかったのですね(^^;

ただし、ストーリー的に辛い反面、
Alexの出生の秘密が明らかになってきたり、
最後にかなり大きい展開があるので、
おそらく今後の展開上外せない1冊。

今回は、これまであまり多くを語らなかった
Alexの身の回りの世話をする女性・Jackを
パートナーに事件を解決していくのですが、
これまで描かれてこなかったJackの性格や、
Alexに対しての心情が垣間見えてよかったです。

また、1巻で登場して以来、
久しぶりの登場になる宿敵Yassenも、
ただ「Alexの叔父を殺した敵」と言うわけではなく、
Alexを憎からず思っているような、
不思議なキャラクターになっています。

YassenとAlexの意外なつながりが明かされたり、
Made by Smithersの改造マウンテンバイクが
相変わらずえらいことになっていたり、
Alexのコスプレ(?)姿が見られたり、と、
とにかく盛りだくさんな1冊でした^^;

ところで、Alex Riderで度々、
MI6の面々についてのAlexの評価として、
こんな言い回しが出てきます。

She was the last person Alex wanted to see.

つまり、

一番最後に会いたい人物=できれば会いたくない人物

ってことですね(^^;

う~ん、皮肉がきいてます(笑)

それで言うと、私の場合は、

The dentist is the last person I want to see.

と言うところでしょうか。

いや、だって歯医者苦手なんだもん( ̄▽ ̄;)

Kindle版はこちら↓




関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。