ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

Alone in His Teacher's House (Marvin Redpost #4)

Alone in His Teacher\'s House (A Stepping Stone Book(TM))Alone in His Teacher\'s House (A Stepping Stone Book(TM))
(1994/03/22)
Louis Sachar

商品詳細を見る

Marvin君4巻です。
泣ける・・・。

Marvinは担任のMrs.Northに、

「留守中の1週間、犬の面倒を見て欲しい」

と頼まれる。

もちろん報酬つきで、1日3ドル。
何もなかったら、ボーナスでさらに4ドル払うという。

Marvinは一生懸命世話をしますが、
なかなか「何事もなく」とはいきません・・・。

もう、この巻はMarvin君がけなげでね。

そんでもって、
先生が愛犬の世話を頼もうと思えるような、
ものすごく頼もしい子どもに育ってます。

初めてのアルバイト。

Marvin君も、
先生に認められた誇らしさを感じながらも、
お金をもらう「仕事」として
子どもながらに責任感を持って取り組みます。

最後の方、眠れない夜に
Kindle paperwhiteで読んでたんですけど、
暗がりで読めるのをいいことに、
暗闇でボロボロ泣きながら読んでました(^^;

スマホほどギラギラせず、
暗闇でほどよい明るさで読めるのはポイント高いですね~。
(目にはあまりよくないのでしょうが)

それにしても、NickとStuartは本当にMarvinの親友なのか!?

2巻でも随分薄情だったけど、
今回もMarvinをからかったり、
ろくな感じで出てこないんですけど・・・(--;)

最後のセリフも、

「あんたら、Marvinの苦労も知らないで好き勝手言うな!」

と、思わず張り倒したくなったっす(^^;

それにしても、
やっぱりMarvinの家族は温かくていいなぁ~。

読むときはハンカチの用意をお忘れなく!

Kindle版はこちら↓



関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。