ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

Why Pick on Me? (Marvin Redpost #2)

Why Pick on Me? (A Stepping Stone Book(TM))Why Pick on Me? (A Stepping Stone Book(TM))
(1993/02/16)
Louis Sachar

商品詳細を見る

そんなわけで(前回参照)、
早速Kindle版でポチってしまったMarvin君の2巻(^^;

ある日、親友のNickとStuartと一緒に
ボール遊びをしていたMarvin。

いじめっ子のClarenceもひょんなことから加わりますが、
Clarenceの打ったボールが
ラインを出たか出ないかでMarvinと大モメに。

しかも、挙句の果てにClarenceは

「お前は鼻ほじくってたじゃんか」

とMarvinに濡れ衣を着せてはやし立てます。

Marvinが、

「僕は鼻ほじくってなんかいないのに・・・」

とムキになればなるほど状況は裏目に出てしまって・・・。

というわけで、今回は「いじめ」がテーマ。

本当にきっかけはたわいもない口げんかなのに、
皆でよってたかっての「いじめ」に発展してしまう。

それに悩むMarvin。

しかも、親友であるはずのStuartとNickでさえ、

「自分までいじめられたくない」

という理由でMarvinから離れてしまう・・・。

誰でも一度は経験したであろう
「いじめ」が、非常にリアルに描かれています。

「It was unfair!
He didn't pick his nose.
The ball was over the line.」

というフレーズが繰り返し出てきますが、
これがMarvin君のやり切れない気持ちを
ものすごく上手に表してますね。

(「The ball was over the line.」は、
Clarenceの打ったボールが本当はアウトだったのに、
「鼻くそほじくった云々」の話ではぐらかしたからです)

今回、Marvinのクラスでは
課題としてsurvey questionが登場します。

surveyは辞書を引くと「世論」のような意味らしいのですが、

「どんな野菜が好き?」
「どんな色が好き?」

のような、
たわいもないアンケート調査も含まれるみたいですね。

それにしても、
最後のMarvin君の「いじめ」の解決法には、
またしてもいい意味で裏切られました!

大詰めで家族会議になったときには、

「ああ、きっとMarvin君の両親が学校に乗り込んで、
って展開なんだろうな」

と思ったのですが
(もちろん、それも大事な解決法だと思います)、
まさかそんな展開になるとは!

最後、うろたえまくりでごまかす、
担任のMrs.Northが笑えます^^

Kindle版はこちら↓



関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。