ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

パセリ伝説 11巻

パセリ伝説 水の国の少女 memory(11) (講談社青い鳥文庫)パセリ伝説 水の国の少女 memory(11) (講談社青い鳥文庫)
(2009/09/16)
倉橋 燿子

商品詳細を見る

大分間が空いてしまいましたが、
パセリ伝説11巻を遅ればせながらUP(^^;

ついに明らかになる、
五千年前に栄えたプリア王国の、
そして“星をもつ者”の秘密---。
それは、ラ・メール星の現在と未来を暗示していた。

パセリたちが使命をもって生まれてきたことには、
大きな理由があったのだ。

第十一の能力で真実を知ったパセリが
目指すべき道はどこに?

行動をおこすパセリに立ちふさがるのは・・・。
憎しみがうずまくなか、悲劇をとめることはできるのか?

そんなこんなでパセリ伝説も11巻なのですが、
今回の久織ちまき先生の表紙が美しい~!O(≧∇≦)O
9巻の表紙も好きだったんだけど、
剣を手にしたミモザに対して、
百合を手に立ち向かうパセリがステキですね^^

パセリ伝説もいよいよ終盤に差し掛かり、
ますます物語は壮大に。

ミモザがなぜ、パセリをそこまで憎むのか。
それに五千年も前の出来事が関わってくるとは・・・。

その一方で、パセリはいよいよ
ミラクルオーの使い手として最終段階に。

それまでにも、病気を癒し、
ときには乗り物になり、
ものすごく便利な存在だったミラクルオー。

そんなミラクルオー「頼る」ことをやめ、
自分の力で立ち向かうことに決めるパセリは、
1巻の頃からは想像もつかないぐらいの
頼もしさがあります。

「パセリ伝説」は児童書なのに、
大人社会顔負けの深いテーマを扱っていて、
私が読んでいてもびっくりすることもしばしば。

そして、誰かに非難されても、
自分にできることを精一杯やろう、
と常にがんばるパセリの姿には、
本当にたくさんの勇気をもらえます。

そして・・・。

ついに、ついにラスボスが登場Σ( ̄Д ̄;)

って、ボスはミモザとかリンじゃなかったのかよ!?

と言う、ものすごい急展開が待っております(>_<)

もう、いよいよラストに向けて、
息もつかせぬ状態です(^^;

と言うわけで、12巻も借りといてよかった~!
と思った私であります(笑)

▽ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

ついにラスボス現る!?

アラゴラスさん、私もこれ読んだ時は、早く12巻が読みたくて我慢できなかったんだけど、あいにく図書館に行くと、人気作品過ぎて、もう何人もの人が借りてて、そのうえ一人2か月とか借りてるものだから・・・・。で、借りるのに、4か月くらいかかったわけよ・・・・。しかし、11巻の話を少しすると、最後のシーンで、ミモザがパセリに剣を向けたところが怖くて・・・・。だけど本当に刺しちゃったら、これからの話どうなるのかなぁって思いながら読んでた・・・・。

そうなの、ラスボスはミモザでもリンでもないのよ・・・・。ギガなの・・・・。そして、ついに運命の瞬間が・・・・!!それは、12巻のにコメントするね♪朝ご飯食べるから少し間が開くけど。

Re: ついにラスボス現る!?

>ホワイトフルーティーさん
こんちはです(^^)
11巻は色々と衝撃的だったよ~(>_<)
ラストでミモザがパセリに剣を向けたところも衝撃的だったし・・・。

私は次の巻もまとめて借りてたからラッキー♪だったけど、
ホワイトフルーティーさんは4カ月もかかったのね・・・( ̄▽ ̄;)
さぞかし続きが気になったことでしょう(笑)

私はこないだ番外編借りようとしたのに、
貸し出し中だったよ~(>_<)
前に見かけたことあったから、多分あるはずなんだけど・・・。

ラスボスがギガってのは色々とビックリだったよ( ̄▽ ̄;)
てか、リンとか結構かわいそうなやつかも・・・(^^;
すごく急展開で、どうなるの~!?って思った~(^^;

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。