ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

パセリ伝説  5巻


パセリ伝説―水の国の少女 memory〈5〉
倉橋 燿子【作】 久織 ちまき【絵】
講談社 (2007/12/15 出版)


隼人を救いに、アイスランドに向かったパセリ。

ミラクル・オーの中で隼人と再会したパセリは、
「秀人が撃たれた」との隼人の言葉を聞き、
衝撃を受ける。

そして、謎のプリンセス率いる赤い鳥軍団の魔の手は、
ノイ国の王子・ステファンたちにも迫っていた・・・。

秀人の死を信じられないパセリは、
絶望する隼人を励まし、
ステファンらとともに北海道へ帰る。

やがて、秀人を探すパセリたちに、
思いがけない情報が舞い込む。

彼は本当に秀人なのか?

やっと隼人の過去も明らかになり、
次から次へと急展開って感じの5巻です。

パセリは今回も隼人や、
ステファンや、大切な人を守るため、
ミラクル・オーの力で奔走します。

その一方で、
今まで超生意気キャラだった
ステファンの妹・ミントの苦労する一面も見えたり、
それをきっかけに
犬猿の仲だったマリモともちょっぴり打ち解けたり、
と、メンバー内のチームワークも高まっていきます^^

マリモ、初登場時は超タカビーだったのに、
なかなかいいお姉さんじゃないか(笑)

しかし、わがままっ子なミントちゃんは、
どうやら光矢にお熱の様子(笑)

なんか、こういう子って、
「びしっと叱ってくれる人」にキュンと来るんですかね~♪

で、前巻では「真面目な執事」って感じだった
ポチ・・・じゃなくてポッツィ(笑)

5巻ではちょっぴり3枚目な面も見せてくれます^^;

秀人君に何があったのかも気になるし、
またラストシーンで「え~!」ってな人物が登場・・・。

もう何もかもがネタバレになりそう^^;

またも即効で6巻を借りに言ったのは言うまでもありません(笑)

▽ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。