FC2ブログ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

パセリ伝説 3巻


パセリ伝説―水の国の少女 memory〈3〉
倉橋 燿子【作】 久織 ちまき【絵】
講談社 (2007/05/25 出版)


前回貸し出し中だったパセリの3巻
やっとゲットできたので早速読みましたo(^▽^)o

隼人と自分の意外な関係を知ったパセリ。
しかし、その告白もまともに聞き終わる前に、
パセリへの手紙を秀人に託し、隼人は姿を消す。

しかし、そんなパセリに追い討ちをかけるかのように、
家ではラビとデューク、
おばあちゃんまでが次々と病に倒れる。

皆を救うために、再び青龍湖を訪れたパセリ。
そこで一緒にいたマリモと共に、
二人は「青いゼリー」の中へ・・・。
そして、パセリはその正体を知るのだった。

戻ったパセリに、おじいちゃんはついに真実を語り始める。

そんな中、ようやく隼人と再会するパセリ。
しかし、そこでパセリを待っていたのは、
あまりにも悲しい事実だった・・・。

いや~。もうあんまり面白かったので、
一気に読んでしまいました(^^;

しょっぱなから、家族が次々と病に倒れるわ、
それを救いに行く青龍湖への冒険やら、
やっと明かされる真実やら・・・。

もう2巻も相当だったんですけど、
3巻は本当に、息もつかせぬ急展開!って感じです。

それにしても、パセリの家族が味方で良かった(笑)
2巻では本当に敵かと思いましたもん(笑)
やっとパセリに真実を明かして、
素に戻ったおばあちゃんが可愛すぎます(笑)

女王・マリモも相変わらず高飛車なんですが、
パセリと共に今回青龍湖で冒険したのをきっかけに、
少しずつパセリに対する態度が変わっていきます。

しかし、マリモ、
「隼人君と秀人君以外の男はイモばかり!」ってヒドイ・・・(^^;
結局面食いなのね、この子(笑)

は~、しかし、隼人には色々とびっくりさせられました・・・。
最初から、どことな~く影を背負ってるような気はしてたんですけど。

あー、あんまり書いちゃうとネタバレになっちゃうからこの編にしとこ(^^;

舞台はアイスランドにまで広がって、
ますます世界観が壮大になって行きます。
パセリと隼人がこれからどうなるのかも気になるし、
4巻も早く読みた~い!

▽ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。