FC2ブログ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

The Barn at Gun Lake その2

The Barn at Gun Lake (Tuitel, Johnnie, Gun Lake Gang Adventure Series, Bk. 1.)The Barn at Gun Lake (Tuitel, Johnnie, Gun Lake Gang Adventure Series, Bk. 1.)
(1997/06)
Sharon LamsonJohnnie Tuitel

商品詳細を見る

息抜きしたところで
ジョニー君をまとめ読みしようかな~と思ったら、
かなり1巻の設定を忘れている事が判明
というわけで再読することにしました。

以下、ストーリーは前回書いたのをコピペ↓

主人公のジョニーは11歳。
生まれつきの脳性麻痺で車椅子生活を行っていますが、
明るく活発な少年です。
彼は父親の仕事の都合(だったかな?)で
ミシガンにあるGun Lakeに越してきます。

そこで出会ったのは、
地元の子供達のグループ・Gun Lake Gangの少年少女達。
そのリーダー的存在のトラビスは
障害を持つジョニーを仲間に入れることを嫌がりますが、
他のメンバーの後押しもあって、
ジョニーはメンバーの入会儀式に参加できることになります。

それは15年以上使われていない廃屋に入り、
中にある物を証拠の品として持ち帰ることでした。
ところがジョニーが持ち帰ったのは
最新のCDのケースでした。
なぜ15年以上使われていなかった小屋に
そんなものがあったのか?
メンバーは事件の謎に迫る。

前回読んだ時はかな~り飛ばしていい加減に読んでたので、
「なんでメンバーがこの時こんな行動をしてたのか」
わかってない部分がかなりありました(^_^;)

ヒドイのは大詰めで、
なんでトラビスが苦労して
廃屋に忍び込んだのかすらわかってなかった・・・。
いったい何を読んでたんだ、自分

で、今回はかなりじっくり読みました。
この本は飛ばしてがんがん読むよりも、
じっくり読む方に向いてますね。
登場人物の心の動きとか、かなり良くわかりました。

トラビスが結構前半ジョニーに対して、
かなり冷たく接していたり、
それに対してジョニーが傷つく様子も、
すごく伝わってきました。

この本の作者は、
ジョニーと同じ脳性麻痺で車椅子生活を行っているそうで、
ジョニーが喜んだり悲しんだりする様子には
とてもリアリティーがあり、共感できます。

トラビスはかなりジョニーに対して
冷たく接するんだけど、
なんとなく頭ごなしに非難できないところがある。

なんでだろう?と思ったら、
私にもトラビスの部分があるからだ、と気がついた。
障害者と普通に接するのは常識、
差別するなんて最低。
そう頭ではわかっていても、
いざとなると普通に接する事ができない、
不器用なトラビスがいるから。
そんなトラビスが登場するから、
この物語にはリアリティーがあるんだな~と思う。

ちなみに、私が好きなのは、
ジョニーと父親とのやりとり。
本当にほのぼのしていて可愛いんです
ジョニーが「キャンプに行きたい」と言い出した時も、
ちゃんと準備をしてくれて、
なんて気が利くデニーズ・・・じゃなかった。
パパンなんでしょう(笑)

そんなこんなでジョニーの世界に浸ったところで、
残りも一気に読もうとしてます。
100万語はジョニーで通過しちゃうかも!?

この本を楽天で探す
The Barn at Gun Lake[洋書]

▽ブログランキング参加中。ぽちっとクリックお願いします。
関連記事

人気ブログランキングへ

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アラゴラス

Author:アラゴラス
性別:女
年齢:アラサー
趣味:読書、
着物を着る事、ヨガ

子供の頃から筋金入りの活字中毒で、和書だけでは飽き足らず、洋書にも手を出し、現在に至ります。

アラゴラスのTwitter

2007.6.20 
多読開始
2007.10.31
50万語通過
2008.5.14
100万語通過
2009.3.20
200万語通過
2010.4.7
300万語通過
2013.4.4
400万語通過

多読三原則
1.辞書は引かない
2.わからないところはとばす
3.つまらなければやめる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
私のTwitterです。
今読んでる本などなど、気まぐれにつぶやきます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。